特産品の紹介

天の恵み ガラシャ

丹後半島の山中「細川忠興夫人隠棲地」の碑が立つ味土野の地を経てそそぐ野間川。野間地域のコシヒカリはその清流だけで栽培された「特別のお米」です。
「天の恵み ガラシャ」は、夫とお家を守った貞女細川ガラシャと相通じる想いで、この地を愛し、この地に忠誠を尽くす者たちが育てた「ほんもののお米」です。

 

お問い合わせ・詳細はこちら

∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽

 

蔵舞 -くらぶ-

亀の尾蔵舞 -かめのおくらぶ-

甘口で華やかな香り

日本酒に馴染みのない方へ

初めての日本酒として

 

1.8ℓ/720ml

酒米:亀の尾(京丹後市弥栄町野間産)

精米歩合:60%

アルコール度数:15度

 

☆2010年度全国酒類コンクリート純米酒部門1位


 

      明治時代に山形庄内で生みだされた「亀の尾」。

      現代農法に向かないその繊細さから栽培されなくなった亀の尾は、

      その素晴らしさを知る先達によって復活します。

      2000年秋、丹後に届いたわずかな亀の尾・・・・

      これが「蔵舞」のはじまり。

      同時に「亀の尾蔵舞」が生まれました。

      今、亀の尾はここ丹後でしっかりと実っています。

 

      ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽

 

祝蔵舞 -いわいくらぶ-

良質で磨く必要がない米 祝

コシが強く頑丈な味わい

ガッツリと飲む酒として

 

1.8ℓ/720ml

酒米:祝(京丹後市弥栄町野間産)

精米歩合:70%

アルコール度数:15%


 

 

      1933年に弥栄町(現京丹後市)京都府丹後農業研究所で

      生まれた「祝」。

       技師達の努力により酒米の奨励品種となりますが、

      昭和20年代の食糧難による食用米への移行により姿を

      消します。

      時代は平成「弥栄町の酒蔵が祝で酒をつくらないのはおかしい」

      そんな思いがはじまりでした。

      綾部市の篤農家・河北氏から祝を譲り受け、祝は生まれ故郷での

      復活を果たします。

      純京都産、そして当地方出身「祝蔵舞」が生まれました。

 

∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽